トップ 住宅ローン情報について お問い合わせ サイトマップ

住宅ローン情報住宅ローンの返済 > 住宅ローンの返済が困難になったときは?

住宅ローンの返済が困難になったときは?

住宅ローンの返済が困難になったときは?の画像

憧れのマイホームを手に入れたけれど、リストラにあってしまった、給料が減ってしまった、ゆとりローンの返済額が上がってしまったなどの理由で、支払いが滞るようになり、しまいには何ヶ月も滞納…こんな時はどうしたらよいでしょうか?そんな時は、早めに専門家に相談するのが一番良いでしょう。

方法は2つあります。
まずは任意売却です。
これは、所有者と債権者(金融機関など)双方合意のもとに、一般市場にて不動産を売却する方法です。
もちろん、適正価格で売却します。
もう一つは競売です。
債権者が担保としていた不動産を差し押さえ、債務を回収するために裁判所に申し立て、強制的に売却する方法です。
強制的に事が運ばれ、売却の事実もご近所に知られてしまいますし、売却価格も低くなります。

また、残りの債務は一括返済を求められる事が多く、問題は解決しません。
立ち退きを迫られ、強制執行されることも。
それに対し、任意売却には多くのメリットが考えられます。
市場価格での売却ですので、残りの債務額は減少します。
一般の売買ですので、ご近所に知られる事もありません。
引越の時期や費用なども協議できますし、売却後は残りの債務の返済を債権者と交渉することも可能です。
また、親族が協力してくれた場合、居住のまま、解決できる事もあります。

このように、返済ができないまま一人で悩んでいると、競売にかけられてしまうこともあります。
早めに専門家の手を借りてよい方法を見つけ出すのが最善といえるでしょう。

今日のお勧め記事 ⇒ 返済比率25%以内なら大丈夫?

マイホーム購入を考えた時、すぐに頭に浮かぶのは住宅ローンではないでしょうか?自分は住宅ローンを組めるのか?いくらなら貸してもらえるのか?それによって、購入できる金額が具体的になってきます。 一般的に、住宅ローンの返済比率は年収の25%以内が適正といわれているようです。 それ以上になると、生活に支障をきたす、貯金ができないなどの問題が生じるようです。 返済比率は「ローン支払額(年間)÷税込み年収×100」で求められます。 では、返済比率が25%以内ならマイホームを購入しても大

住宅ローン情報について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。